生スピルリナの効果とは

スピルリナは約30億年前に地球上に出現した最古の植物とされており、
藻の一種となっています。
世界的に総合的な栄養補助食品として知られており、
未来の食糧として注目を集めています。
生スピルリナにはビタミンやミネラル、アミノ酸、植物繊維など50種類以上の栄養素が豊富に含まれており、非常に栄養価が高いことが特徴です。

スーパー野菜と呼ばれることもありますし、
海苔と抹茶を合わせたような風味なのでどのような料理とも相性が良くなっています。

スピルリナはアフリカやメキシコなどの湖に生息しているのですが、
現在ではサプリメントとして販売されることが多くなっています。

生スピルリナは理想的な栄養補助食品として高い評価を得ていますし、
安全性が高いこともポイントです。

緑黄色野菜と、β-カロテンを豊富に含む野菜のことであり1日の摂取目安量は120gとされています。
120gの野菜の中にはβ-カロテンが3300μg程度含まれているということですが、
生スピルリナの場合は4gでβ-カロテンが7400μgも含まれているということです。

そのため生スピルリナを摂取することで野菜不足を効率よく補うことができますし、
健康や美容にさまざまな効果を期待できるでしょう。

野菜などに含まれるβ-カロテンには、がんや脳卒中、心臓病などを予防する効果があります。

活性酸素を減少させる抗酸化作用があるため、若返り効果なども期待できます。

また、活性酸素は細胞を老化させてしまうことになるため、
β-カロテンを含む食べ物は毎日しっかりと摂取した方が良いのです。